「2018年版胡潤世界の富豪リスト」発表。世界ナンバーワンはジェフ・ベゾス氏、中国人富豪のトップはポニー・マー氏

「2018年版胡潤世界の富豪リスト」発表。世界ナンバーワンはジェフ・ベゾス氏、中国人富豪のトップはポニー・マー氏

Author:
Source:
yicaiglobal
Fri, 03/02/2018 - 10:00
「2018年版胡潤世界の富豪リスト」発表。世界ナンバーワンはジェフ・ベゾス氏、中国人富豪のトップはポニー・マー氏

(Yicai Global) Mar. 2 -- 本日、胡潤研究院は2018年版胡潤世界の富豪リスト(Hurun Global Rich List)を公表した。テンセントCEOのポニー・マー氏が資産額2,950億人民元(470億米ドル)で、公式に中国のナンバーワン富豪となった。第2位はフイ・カーヤン氏で、リ・カーシン氏は第6位にランクダウンした。

アマゾンの会長兼CEOのジェフ・ベゾス氏が資産額7,750億人民元で、世界一の大富豪となった。

マー氏は昨年から順位を23位上げ、世界第15位に入った。中国恒大集団会長のフイ・カーヤン氏資産額2,600億人民元で、昨年から78位順位を上げ、初めて中華圏のトップテンに入って第2位、世界で第20位に入った。ヘンダーソン・ランド・デベロップメント創業者のリー・ショウキー氏が資産額2,150億人民元で、昨年から順位を9位上げ、中華圏で第3位に、世界で第25位に入った。

アリババ・グループ・ホールディング会長のジャック・マー氏とその一族が資産額2,000億人民元で、中華圏で第4位、世界では6位順位を落として第26位になった。碧桂園副会長のヤン・フイヤン氏が同じく資産額2,000億人民元で中華圏で第4位、世界では昨年から126位順位を上げて、第26位に入った。一方、リ・カーシン氏は資産額1,900億人民元で、中華圏で第6位、世界では昨年と同じ第32位となった。

億万長者の人数は437人増え、2,694人となった。中国の経済的繁栄、米ドルの弱体化および米国内の減税政策のすべてが、億万長者の人数を増加させ新記録更新の要因になったと、胡潤百富の会長兼主席研究員のルパート・フーゲワーフ氏は述べた。

世界の億万長者にとって主な財源となっているのはテクノロジーセクターである。不動産業が製造業を抑えて第2位、投資業は第4位となっている。成長が最も著しいのは、製造業や食品・飲料セクターである。しかし、中国本土の億万長者の富の源泉は引き続き不動産業となっている。

国人億万長者の人数は昨年よりも216人増えて870人、または3ポイント増えて、リストの32パーセントを占め、世界人口に占める中国人の割合(20パーセント)よりも多い。このうち688人が中国本土の中国人で、昨年よりも196人増えている。

yicaiglobal