好調な中国のワイン市場、南米チリのブドウ園の最大輸出先に

好調な中国のワイン市場、南米チリのブドウ園の最大輸出先に

Author:
Source:
yicaiglobal
Thu, 02/22/2018 - 10:32
好調な中国のワイン市場、南米チリのブドウ園の最大輸出先に

(Yicai Global) Feb. 22 -- 昨年中国のチリワインの輸入量は3割増を記録し、2016年にチリワインの最大輸出市場の地位を獲得して以来、依然として首を守っている。

国営通信社の新華社は、チリワイン貿易振興会が公表したデータを引用して、世界ワイン市場である中国は、25,400万米ドルに相当するチリワインを購入したと伝えた。輸入量は24パーセント近く跳ね上がり、800万ケースを上回った

新華社は20172世界トップレベルのワイン・スピリッツ見本市であるヴィネクスポ(VINEXPO)のギヨーム・デグリーゼ事務局長の「中国は、2020年には売上げが210億米ドルを超え金額ベースで世界第位のワイン市場に成長するいう発言をじた。現在、中国のワイン市場はアメリカ、イギリス、フランスに次いで世界位である。

世界最大のワインメーカーの一つであるチリのコンチャ・イ・トロは、生産ワインの大半を中国に輸出している

同ブランドのアジア担当輸出マーケティングマネージャーを務めるアレハンドロ・シュワルツマン氏は、「重要なのはコンチャ・イ・トロワインの品質。高い専門知識を持つワイン醸造家集団のおかげで、購入しやすくしかも異なる価格帯、極めて質の高いワインを製造できる」述べた。

また、シュワルツマン氏は、「中国とチリの自由貿易協定は、チリワインの中国向け輸出量増加に著しく貢献している」と付け加えた。

yicaiglobal