中国、初のリアルタイム深海観測ウェブサイトを発表

中国、初のリアルタイム深海観測ウェブサイトを発表

Author:
Source:
yicaiglobal
Wed, 02/14/2018 - 09:15
中国、初のリアルタイム深海観測ウェブサイトを発表

(Yicai Global) Feb. 14 -- Chinese Academy of Sciences(中国科学アカデミー)の研究チームは最近、西太平洋の水深およそ3000メートルからリアルタイム水温、塩分濃度、海流を監視し、毎時更新されるデータを用い、中国初の深海科学観測ウェブサイトを発表した。

このプロジェクトは、同国の次世代海洋研究船「Scienceサイエンス)」の昨年の探索中に同船舶上で完成し、同船舶は、最近、母港である山東省中東の青島港に戻ってきた、と本日、People’s Daily(人民日報)が報じた チームはこのウェブサイトを構築するのに4年間を費やした、プロジェクトマネージャーのWang Fanワンファン氏は語った。

データは、20モジュール内の800以上の観測装置によってえられ、観測装置の大部分は3年または4年間確実に作動している装置は海洋の上層、中層、下層を網羅しており、チームは昨年、システムのリアルタイムデータ伝送容量を大幅に改善することができたとWang氏は指摘する。

チームは、モバイルアプリ、Western Pacific Observation Network(西太平洋観察ネットワーク)を開発しユーザーはリアルタイムで観測データにアクセスでき このシステムは、中国の科学者が西太平洋の流れが同国の気候変動に与える影響を調べる上で貴重な資料となり、天気予報と環境保護活動にも重要な意味を持っている、と同氏は付け加えた。

keywords

深海 観測
yicaiglobal