中国のシェアリングエコノミー、2023年まで年間30パーセントの成長見込み

中国のシェアリングエコノミー、2023年まで年間30パーセントの成長見込み

Author:
Source:
yicaiglobal
Thu, 03/01/2018 - 10:01
中国のシェアリングエコノミー、2023年まで年間30パーセントの成長見込み

(Yicai Global) Mar. 1 -- 中国政府シンクタンクの報告によると、中国のシェアリングエコノミーは、農業、教育、ヘルスケア、高齢者介護セクターが成長の原動力となり、今後5年間、年率30パーセント以上の成長が続く模様。

中国国家情報センターと中国インターネット協会の共同報告では、中国のシェアリングエコノミーの総収益は昨年49,200億人民元(7,790億米ドル)に達し年間で47パーセントの上昇、同分野での資金調達額では2,160億人民元(342億米ドル)となり年間成長率25.7パーセントを達成した。

同報告はまた、法律と規制の間の矛盾、公共データの透明度の低さ、不完全な規制制度など、この分野が直面しているいくつかの課題を強調したが、昨年のシェアリングエコノミーではユーザーの権利と利益の保護が重要課題として浮上した。

自転車シェアリングは中国で最も急速に成長しているシェアリングエコノミー産業の1つである。ユーザー数は昨年12月時点で22,100万人に達し、総走行距離は2995,000万キロに達している。しかし、このセクターの急速な成長に伴い、不適切なユーザー保証金支払い、自転車の渋滞や環境問題など、一連の問題も発生している。

yicaiglobal