中国の原油先物取引が3月に始まる。ブローカーは海外の顧客を争う

中国の原油先物取引が3月に始まる。ブローカーは海外の顧客を争う

Author:
Source:
yicaiglobal
Thu, 03/01/2018 - 10:18
中国の原油先物取引が3月に始まる。ブローカーは海外の顧客を争う

(Yicai Global) Mar. 1 -- 世界最大の原油輸入国である中国は来月、遅れていた原油の先物契約を上海国際エネルギー取引所で取り扱うことを計画している。

先物取引は長い準備期間を経て十分準備ができている、と上海証券ニュースが報じている。取引所は海外ブローカーが参加できるプラットフォームを設立し、完全に準備ができている。上海国際エネルギー取引所(INE)が上海自由貿易区に登録されているので、海外からの取引参加者は、取引に参加できる。

「今後何か月かで、参加者は売買、決済、外貨交換、引き渡しといったすべての原油先物取引専門サービスに磨きをかけるだろう」と、同ニュースは上海に本社のあるCCB Futures Co.商品取引本部副本部長のZhu Mingyuan氏の発言を引用している。

原油は、世界的に最も活発に取引されている商品の一つである。中国の元建て先物契約は米国のウエスト・テキサス・インターメディエイト(WTI)やロンドンのブレントと肩を並べることとなるだろう。中国証券監督管理委員会は先週、先物契約のスタートを326日に設定している。

上海先物取引所の子会社であるINEは、147業者を認可し、海外保証金を管理する複数の銀行を指名した。それらは、中国銀行、交通銀行、招商銀行、DBS銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国農業銀行、中信銀行である。

海外市場を拡大するため、SDIC CGOG Future Co. はドル建ての非居住者勘定を、中国銀行、交通銀行、招商銀行、DBS銀行に開設している。すべての準備が整い、原油先物が市場に導入されるのを待っている、と同社の海外本部本部長であるLi Yaxi氏は語っている。

China Xin Yongan Futures Co.は、シンガポールに先物取引会社を設立することと、中国の国際先物取引を推進するための海外機関設立の動きを強化することを計画している、とWang Zhongwei代表は語っている。

keywords

原油先物
yicaiglobal