昨日の楽視の取引高、6,300万米ドルに達する

昨日の楽視の取引高、6,300万米ドルに達する

Author:
Source:
yicaiglobal
Fri, 02/09/2018 - 10:22
昨日の楽視の取引高、6,300万米ドルに達する

(Yicai Global) Feb. 9 -- 楽視網信息技術(北京)[SHE:300104]の株式は、昨日再度ストップ安まで急落し、取引再開以来11日目のストップ安を記録した。昨日、楽視の取引高はほぼ4億人民元に達したが、株価は依然としてストップ安まで急落しており、これは投機筋が当面の利益を上げられなかったことを意味している。

昨日の午前950分頃に突然、楽視の株式の買い注文が多く入り、わずか10分ほどで、取引高が2億人民元を超えた。これは取引再開以来最高の取引高であった。ただし、昨日、楽視の株式は、1日の取引高が39,600万人民元、2.93パーセントの回転率に達しながら、依然としてストップ安まで急落した。市場取引終了時、依然としてほぼ22億人民元相当の450万件の売り注文があった。

取引終了後に深圳証券取引所が公開したデータにより、楽視の株式の急落に付け込んで利益を上げようともくろみ、投げ売りしようとしている投資家の正体が明らかになった。

東方証券は昨日、株価が下落したタイミングで投資家に買い注文を促し、1,450万人民元相当の株式を購入した。王新証券は800万人民元相当、華泰証券は550万人民元相当の楽視の株式を購入した。興業証券と華泰証券はそれぞれ500万人民元を超える株式を購入した。この証券会社の中で、東方証券は上位ホットマネー売りさばき専門とみなされており、一方、華泰証券は「決死隊」売りさばき専門と呼ばれている。

大量の資金が楽視に流入しているにもかかわらず、投資家はまだ同企業の株式を投げ売りしようとしている。昨日は約2,900万人民元相当の楽視の株式が買われ、19,600 万人民元相当が売られた。これは、正味価額で15,700万人民元が売却されたということになる。ある投資機関は、2,200万人民元相当の楽視の株式を投げ売りした。

keywords

楽視
yicaiglobal